スキンケアには、サプリメント?


 シミやしわ、くすみやニキビ、乾燥肌など、肌トラブルにはさまざまな種類があります。これらをケアしていくには肌トラブルにあった化粧品を購入したり、サプリメントを飲むのが効果的です。

 ですが、これらの方法は費用と手間がかかるというデメリットがあります。サプリメントなしで手軽に肌トラブルをケアするなら、身近な食べ物を利用して基礎代謝アップを促すのが1番です。

身近な食べ物でスキンケア!
=オリーブオイル

 そのためにおすすめなのがオリーブオイルです。オリーブオイルは酸化しにくく、悪玉コレステロールを減らすというメリットがあります。

 オリーブオイルで注目したいのは、オレイン酸が豊富に含まれているところです。オレイン酸は人間の皮脂の成分と良く似ているため、馴染みが良いという特徴があります。そのため、意識して摂取することで乾燥肌をケアするなど、肌を保護することが期待できます。

身近な食べ物でスキンケア!
=ココナッツオイル

 同じオイルでもココナッツオイルには食物繊維、ビタミンEなどが含まれています。食物繊維とビタミンEには、体に溜まった老廃物を排出する効果があります。そのため、摂取することで基礎代謝がアップし、肌荒れを綺麗に整えることが期待できます。

2つのオイルに含まれているもの
=リノレン酸

 さらに2つのオイルにはリノレン酸も含まれています。リノレン酸は私達の体の中では作り出すことができない成分なので、意識して摂取することが大切です。

リノレン酸とは?

 リノレン酸には炎症を抑えたり、アレルギーやアトピーを予防するなど、体を正常に整えるのに優れている成分です。ですのでリノレン酸を摂取することで、健康的になり基礎代謝のアップに繋げることも可能です。オイルの1日の摂取は、大さじ2杯を目安にしましょう。

オイルでスキンケア、注意点

 オリーブオイルやココナッツオイルでスキンケアをする場合、きちんと美容用のものを使うことが大切なポイントになってきます。美容用のオイルは食用と比べると不純物が少なく、精製レベルが高いという特徴があるからです。美容用のオイルでクレンジングやパックをすることで、低刺激のスキンケアをおこなうことが可能となります。