美白ケアには、サプリメント?

 美白ケアを行いたい時、最近では優れた成分が配合されているサプリメントを取り入れる人が増えています。

 サプリメントは非常に効果的な対策になりますが、普段のお手入れを疎かにしては美白効果も限定的になりますので、まずはお手入れの仕方を見直してみる必要があります。

 お手入れ方法によってはサプリメントなしでも優れた作用を期待できます。

スキンケア、これを取り入れましょう!

メラニンを排出するための、ビタミンC

 スキンケアでシミやくすみ、くまの改善を図る場合、肌中で生成されてしまったメラニンを排出させなければなりません。

 メラニンの排出に効くのはビタミンC誘導体であり、この成分は優れた抗酸化作用を持ちます。新陳代謝を促してメラニンを抱える肌細胞をスムーズに排出させることができますし、今後新たなメラニンが生成されないようにという予防も行えます。

 色素沈着が改善されるとシミやくすみ、くまは良くなりますので、普段のスキンケアに取り入れたいところです。

美白作用をもつ、アルブチン

 アルブチンも優れた美白作用を持つ成分です。肌のターンオーバーを活性化させることで古い角質を取り除くような効果が得られます。

 透明感のある肌へと導いてくれますので、特にくすみ肌への対策に最適です。

 他にも、プラセンタはメラニンの生成に深く関わっているチロシナーゼという酵素の働きを抑えますので、メラニンの産生を抑えることができて、美白効果が期待できます。

美容液は、高濃度で重点的なケア向き

 より高濃度の有効成分でスキンケアを行いたい時には美容液がおすすめです。

 美容液は同じ成分でも非常に濃度が高くなっていますので、できてしまったシミやくすみを重点的にケアできます。

 ハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれるほど強力な作用を持つ成分ですので、ピンポイントにケアしたい時に向いています。高濃度のハイドロキノンにはリスクがありますので肌の敏感な人は気をつけなければなりませんが、トラブルなく利用することができれば非常に有効な手段となります。

 肌が乾燥しているためにくすみやくまが見られる時にはプラセンタエキスの方が良いようです。